様々なタイプ

痔のタイプと男女比率

カウンセリング

痔の種類には大きく分けて三つのタイプに分ける事ができます。タイプによって症状もことなるます。まず一つ目のタイプは切れ痔で、肛門が切れてしまう事によって起こります。男女の比率的には男性よりも女性の方がなる確率が高いと言われています。二つ目のタイプはイボ痔で、男女ともになりやすく患者は全体の60パーセントも占めるタイプです。肛門の組織が大きくなり肛門にイボができるのです。最後はあな痔で、最初の二つに比べると知名度は低く知っている人は少ないと思います。肛門にあるくぼみから感染し膿の通りができてしまう病気で男女比率は男性の方が多いのが特徴です。あな痔になると必ず手術が必要になり長年ほっておくと癌化する恐れもあると言われています。

タイプによる症状について

それぞれのタイプによって症状は異なります。切れ痔は出血があり、排便後痛みが続きます。肛門周辺がむずがゆいのも特徴です。肛門が切れているわけですから排便時に痛みを感じる事が嫌で便意を我慢してしまい、便秘になり便がかたくなってまた排便時に切れるという慢性化する事が多いタイプです。何回も繰り返すと潰瘍化し、肛門内部にポリープができ肛門の出口の皮膚はたるみます。イボ痔の症状は排便時の出血や残便感、排便時に肛門からイボがでてくる、おさないと戻らない、痛みなどがあげられます。直腸側にできたものを内痔核とよび肛門側にできたものを外痔核と呼びます。最後にあな痔の症状ですが出血などはまったくなく熱が出る、肛門周辺の痛みや腫れ、膿がでるなどの症状がおきます。