混雑状況の把握

医者

皮膚に何らかの異常が見られた場合、皮膚科に行く人は多いでしょう。しかし、混雑していることが多く、待たなくてはいけない事も少なくありません。ですので、事前に混雑状況を把握し、待ち時間を短くしましょう。

Read More...

様々なタイプ

カウンセリング

一口に痔と言っても、様々なタイプがあります。切れて血が出たり、イボが出来たりなど、症状は異なりますがどれも辛いものです。それぞれの症状が出た際には、医師に診てもらって適切な処置を受けましょう。

Read More...

痔の恐ろしさ

足

痔の種類と症状について

もし血便が出る場合には自分で痔だろうと判断しないで病院に行ったほうがいいのです。大腸がんの可能性もあるので、まずは医師に診断してもらうことが大切なのです。痔とは肛門の病気のことです。主に痔核、裂肛、痔ろうに分類されます。最も多いのが痔核となります。この病気の原因は、便秘がひどくトイレで力んでしまったり、妊娠や出産でもなりやすくなります。アルコールや刺激のある食品を好んで食べる人もなりやすい傾向があります。排便時に切れて出血することがあり、しばらく痛みが続くことがあります。潜血が出てきたり、排便のたびにイボが出てきます。ひどくなると血が落ちてきたり、イボが元に戻らなくなり自分で押して戻すしか方法がなくなってしまのです。

応急処置の方法と手術について

痔はひどくなってしまうと外科的手術となります。ひどくなる前に専門の病院に行くことが大切です。症状が軽いうちは、自分でも応急処置をすることができます。排便時の出血がひどい場合は、ティッシュで止血をします。しばらく押さえておきます。市販薬を用いることも有効です。また、肛門部は清潔に保つようにしておきます。お風呂で温まることもうっ血を防ぐ効果があります。初期であれば、自分で応急処置をしたり市販の薬を用いたりできるのですが、ひどい場合には病院に通院します。手術となる人は、化膿がひどくなり痔が大きくなってしまった場合に行います。大きくなってしまうと日常生活が困難になってしまうのです。痔の病気で通院することが恥ずかしいと思っていると、ひどくなってしまい結果的に手術しかなくなってしまうのです。痔のほとんどは薬と生活習慣を改めることで治すことができるので、早めに病院に行ったこほうがいいのです。また、皮膚科には爪水虫で受診する人も多いです。爪水虫は痔のように繰り返す可能性があり、処置の後は再発しないように予防が大切です。

病院で受診

看護師

痔に悩む人は多いのですが、これには原因があるようです。刺激物を好んで食べている人が発症しやすい傾向があります。傷みや出血があるなら皮膚科へ行きましょう。酷くなると、手術の必要性が出てきます。

Read More...